2020-03-05 Laboratory Workshop

皆さんお元気ですか?
昨日まで木曜日は雨となっていましたが、どうやら晴れそうですね。
春のお天気は気まぐれです。
皆様の播種は進んでいますか?発芽も多くみられることと思います🌱
これから苗作りの作業は本格的になってきますね。

さて前回、早春に開花するハーブを学びました。
Blue cornflower German Chamomile American California Poppyでしたね。
毎年同じハーブを学びますが、何度繰り返しても新しい発見や情報が尽きませんね。
これは昨シーズンそのハーブと向き合った証だと考えて下さい。
何も考えず、検証もしないままただ眺めて過ごすと、そこには何の発見もなく、毎年シーズンだけが流れて来て、「自分はそのハーブは知っている、またそのハーブのシーズンね」と上から目線で見てしまいます。
その目線では何も学ぶことはできなくなってしまうのです。
お花見の宴会ではないのですから、季節感だけを味合わず、今年もハーブを植物学として学んでいきたいものですね。
そこにはきっと私たちの生活に役立つハーブのヒントが隠されています。

今回は前回のハーブの後を追い打ちをかけるように盛んに成長をスタートさせる、Nettle Mint Clendulaについて学びたいと思います。
基本は播種により苗を作り管理して収穫に至りますが、今回の播種はCalendulaのみです。
育苗のための土作り。
Nettle Mint を使って土の中からの苗作り。
などなどお時間の許す限りりご紹介いたしたいと予定しています。

そしてアフターは咳止めの西洋ハーブが自生する場所へトリップに出かけます。
奥深い自然の中に生息するハーブ。
先方さまともお話は通してあります。
お行儀よく静かに観察させて頂きたいと思います。
皆さまのお心づもりよろしくお願い申し上げます。
もちろん、お出かけ前にそのハーブの予備知識も学んでみましょう。

●持ち物
・苗ポットお持ち帰り用の袋(前回と同じ6号ポット3つ分)
・試飲用コップ(紙コップは禁止、コップ中が白い方がいいです)
・試飲した後のティーバックを持ち帰る小さなジップロック袋(3枚)
・ホットウォーター500cc
 試飲用の各自のお湯に使います。ポットに入れてお持ちください。
・作った育苗のための用土を持ち帰るビニール袋(1枚)
 厚めのものがベストです、容量は5L程度の物、袋の口を止める紐もご一緒に
・レジ袋中程度のもの(1枚)
・筆記用具
・ビニール手袋、グローブ、マスク、剪定ばさみ、タオル
・服装:アウトドアー用の服装
 時間差で寒くも暑くもなります、それに対応できるご準備をお願いします
 足元はスニカーまたは長靴

●集合場所 JHS研究室圃場

●時間 9:00〜11:00

●参加費用 ¥10000

恐縮ですが、皆様もご承知の通りコロナの問題がありますので、
風邪気味、治りかけを含め体調の悪い方のご参加はご遠慮ください。この1週間健全であった方に限ります。
お互いに自己責任として常識ある判断を願ってます。
車も同乗するためご深いご理解、ご判断をよろしくお願い申し上げます。

2020年3月4日Permalink

2020-02-27 Laboratory Workshop

皆さまいかがお過ごしですか?
季節柄、乾燥で肌が荒れたり、アレルギーが出たり、そして感染症に注意したりと健康面の管理で大変な時期ですね。
でも市役所通りの桜の木はそれとなしかボヤァっとピンク色の木肌を見せてくれています。
もうそこまで春は来ていますね。
満開の福寿草も昨日目にしました。

さて今回のワークショップは、あと一ヶ月後位に開花を迎える、Corun flower, California poppy, GermanChamomileのすべてを学びたいと思います。
もちろん、ポットに播種して持ち帰り、お部屋に置いて観察もしていただきたいと思います。

植物はそれぞれに多くの活用法があります。
ハーブティー、蒸留水、ティンクチャー、精油、ホメオパシー、フラワーレメディー、クッキング、そしてクラフトなどです。
香りを知り、効能を学び、味を知る。
この3点を中心に明日のワークショップは皆さまと検証したいと思います。
よろしくお願いします!

持ち物は
30ml容器 3本 (液体の入れられるもの)
15~30ml程度のスプレー容器
小さな播種したポットを持ち帰る箱?か袋?
以上です。

集合は
研究室
9:00~12:00

解散後
皆さまのご都合次第ですが、お時間のある方はちょっとした所までお出かけしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

では明日も事故のないように気をつけていらしてくださいね。
楽しみにお待ちいたしております。

2020年2月26日Permalink

2020-02-20 Laboratory Workshop

もうすぐ春ですね、皆様のところでは何が育っていますか?
JHSはすでに播種が始まりラッシュを迎え始めました。
播種するタネは2月だけでも30種類を超え、そして来月はそれよりも多くなり、4月半ばまでラッシュは続きそうです。

さて今回のWorkshopはコスメの応用編、美容液の作り方を研究してみたいと思います。
周りでは多くの美容液が販売されていますが、裏の表示を見るとどこがオーガニック?
そして溢れんばかりの原材料が表記されています。
そんなに沢山の成分が果たして必要なのでしょうか?
先日のワークショップで、そんな話があり、早速今回のワークショップで検証。自己の肌力を尊重し、出来るだけシンプルな美容液を作ってみたいと思います。

お肌は甘やかすとどこまでもそれに依存し、それがなくては自己の肌力だけでは生きていけないお肌になってしまいます。

新しい素材にも巡り会い、入手してきました。
それも合わせて実験してみたいと思います。

持ち物は
マカダミアオイル
精油
スポイド瓶(30程度お持ちの方だけで大丈夫です。)
スポイド瓶をお持ちでない方は30ml程度の瓶
ビーカ他通常の実験パック


そろそろ乾燥と冬の間の疲れがお肌に出る季節になりました。
皆様のお肌はいかがでしょうか?
明日の実験が皆様のお肌にお役に立つことを願っています。

運転してこられる方は呉々も事故のないよう、気をつけていらして下さいね。
楽しみにお待ちいたしております。

場所:JHS研究室
集合時間:9:00
終了時間:13:00
会員以外の方でご参加ご希望の方は直接JHSへお問い合わせください。

2020年2月19日Permalink