2020-05-21 Field Workshop

Blue mallowの開花が始まりました!

皆様お元気ですか?
お天気悪いですね、まるで梅雨のような日が続いていますね。
今日の最低気温は10度を切っていました。
肌寒く、雨も降りハーブたちも何やらしっとりとしていた今日の圃場でした。
でも上記の写真のようにBlue Mallowが咲き始めています。(5日前の様子)
本日雨でしたので、写真は撮ってきませんでしたが、このMallowが採集したくなるほど咲いていました。
圃場のHerbたちは、お天気がいい日も、雨の日も、風の強い時も、寒い時も、淡々と自分のやるべき事を遂行し生きている姿を私に見せてくれます。
私はその生き様にしばし圃場に足を止め、心が打たれます。
皆様はご自分の身近にある植物からどんなメッセージを受け、植物の何に心を引かれ、寄せられていますか?

さて21日のWorkshopは、いよいよBlue cornflowerの収穫期を迎えました。
皆様と旬のCornflowerを採集したいと思います。
また、もう少し、お手入れをしておきたいMintがあります。
そして本日Lavenderもしっかり花芽を伸ばしてきているのを確認いたしました。
早いもので、再び、Lavender周りの草が伸びてきていますので、軽く土寄せをしながら、そこもお手入れしたいと思います。

何れにしても明日の土の乾き具合、花の乾き具合とを、お天気にすり合わせて、何を重点的に行うかは?明日圃場を見てから決めたいと思います。
予報によれば今晩も少し降るそうです。
お時間が許す限り、梅雨入り前のシーズンど真ん中を皆様と満喫したいと思います。


Time:9:00-12:00
Place:JHS 研究圃場(お間違えのないように♡)
Expense:¥10,000
Baggage:圃場セット(HP:WS→H.WS→Field WSでの
     持ち物参照)
     昼食はランチボックスを各自ご持参ください
Clothes:ガーデニング程度の服装で、多少汚れても大丈夫なように。   

お知らせ
●しばらくの間、各自のお車でいらして下さい。(同乗を厳禁とします。)
●自己完結して頂きたい事
・コップ、袋、ティッシュ、ウエットティッシュ
・休憩時の飲料と食料、および昼食
・飲食などで出したゴミ
・道具、筆記用具、テーブ、資材等の持ち物
 上記の譲り合いおよび、貸し借りは厳禁とします。

21日現地の天候は快晴。
気温は12-18度程度です。
風速2m前後。
温度が低く朝からあまり気温上昇しないようですので、暖かい服装で。

ではお越しの際はお車の事故のない様にしてくださいね。

2020年5月20日Permalink

2020-05-14 Field Workshop

Chamomile満開です!

Chamomileが満開の季節を迎えました。
毎年の事ながら圧感です。
それでも今年は心に反して花の咲く前に大分処分しました。
そうでないとその近くのハーブがChamomileに飲まれて逆に殺されてしまうからです。
Lavenderでさえ殺されてしまいます。
Chamomileは癒しのハーブと知られており、皆様のイメージからはきっとその強いChamomileは想像出来ないことと思います。
そろそろBlue cornflowerも開花の時を迎えています。
この時期はChamomile、Blue cornflower、A.C.Poppyの3種類がJHSの圃場では同時期に開花の時を迎えますが、微妙にずれて咲き出すことに愛おしさを感じています。

さて14日のワークショップですが、ハーブの花の観察と収穫、そしてMintやMeadowsweetなどのこのあと収穫期を迎えるハーブのお手入れをしていきたいと思います。
ティンクチャー、ハーブソルト、ビネガー、シュガー、シロップ、バターなどの素材探しをしましょう!


Time:9:00-12:00
Place:JHS 研究圃場(お間違えのないように♡)
Expense:¥10,000
Baggage:圃場セット(HP:WS→H.WS→Field WSでの
     持ち物参照)
     昼食はランチボックスを各自ご持参ください
Clothes:ガーデニング程度の服装で、多少汚れても大丈夫なように。

お知らせ
●しばらくの間、各自のお車でいらして下さい。(同乗を厳禁とします。)
●自己完結して頂きたい事
・コップ、袋、ティッシュ、ウエットティッシュ
・休憩時の飲料と食料、および昼食
・飲食などで出したゴミ
・道具、筆記用具、テーブ、資材等の持ち物
 上記の譲り合いおよび、貸し借りは厳禁とします。

14日現地の天候は快晴。
気温は12-25度程度です。
風速2-4m前後。
風が強く、乾燥に気をつけてください。
また昨日から熱中症がすでに起きているようです。
水分のご持参を十分にされてください。
紫外線も本当に強くなってきました、紫外線対策も手厚くお願いいたします。

ではお越しの際はお車の事故のない様にしてくださいね。

2020年5月13日Permalink

2020-05-07 Field Workshop

これ何かわかりますか?Lemongrassの冬越えです♡

皆様お変わりありませんか?
やっとChamomileが収穫を始められるようになりました。
そしてBlue cornflowerも間も無くの開花となりそうです。

上記の画像はキャプションにもあるように、今年はあの寒い圃場でLemongrass が冬越えをしました。

これまで13年間あの圃場で資材を使わず冬越えをしたことがありません。
同じ相模原でも中央区、南区においてのLemongrassの越冬は可能です。
しかし、緑区の圃場の位置が越冬の極限で、私は境界線とみています。
もちろん、緑区でもそれより奥に行けば越冬の可能性は限りなく0に近くなります。

今回のこの越冬の成功は温暖化が進んだと理解すればいいのか?
それともこのやり方が正解だったのか?
今の所どちらかよく分かりません。

このやり方というのは。。。
秋の終わりに、大きく成長したLemongrassの葉をそのまままとめて、上の方で結び、水戸納豆のようにして越冬させる方法です。
このやり方で相模原市南区、中央区では実際に越冬を可能にしていました。
しかし緑区のJHS圃場においても繰り返し同じ方法でトライしてきましたが、寒さが厳しくこれまで一度も越冬することはありませんでした。

でも今回、このやり方にはもう一つの実験を加えたのです。
それは同じイネ科のVetiverの葉を束ねてマフラーのように Lemongrassの根元、足元にしっかりと巻きつけてみました。
このVetiveで霜除けが上手くいき功を奏したのか?
それとも単なる暖冬の影響でたまたま冬越えができたのか?
今はどちらとも言えませ。
今年の秋も多くの実験をし、答えを見つけたいと思います。

さて7日の予定ですが、まずはchamomileの採集、そしてBasilの定植地を作ります。
かなり温度も上がってきており、昨日は今シーズン初の熱中症になりました。
重症ではなかったのですが、この先は熱中症対策を皆様も強化されてくださいね。
7日に限っては下記の通りの天気予報ですので、熱中症の心配はそれほどいらないようですね。

Time:9:00-13:00
Place:JHS 研究圃場(お間違えのないように♡)
Expense:¥10,000
Baggage:圃場セット(HP:WS→H.WS→Field WSでの
     持ち物参照)
     昼食はランチボックスを各自ご持参ください
Clothes:ガーデニング程度の服装で、多少汚れても大丈夫なように。

お知らせ
●しばらくの間、各自のお車でいらして下さい。(同乗を厳禁とします。)
●自己完結して頂きたい事
・コップ、袋、ティッシュ、ウエットティッシュ
・休憩時の飲料と食料、および昼食
・飲食などで出したゴミ
・道具、筆記用具、テーブ、資材等の持ち物
 上記の譲り合いおよび、貸し借りは厳禁とします。

7日現地の天候は快晴。
気温は12-19度程度です。
風速5m前後。
前回30日の気温よりも最高温度が4度低くなります。
寒がりの方は風を通さないウィンドブレーカのような上着をご用意ください。
ではお越しの際はお車の事故のない様にしてくださいね。

2020年5月6日Permalink