Lemongrass蒸留

IMG_1219

レモングラスは根元の輪形部分に多くの香りが含まれていると言われています。しかしティーの場合、根元、葉先、内径と部分ごとに分けて飲んでみると、どれもバランスが悪い味で、全草を利用した方が美味しく飲めることがわかりました。

毎年多くの収穫に追われ全てを活用できず、せっかく育ったレモングラスに申し訳なく思っていました。長きに渡り栽培してきたにも関わらず、蒸留をした事がなく毎年今年こそと思いつつ実現させられないままでした。

蒸留には品種に関わらず多量のハーブが必要となります。これは栽培していなくては得られない量です。逆に言うと多くの収穫を一気に活用するには最も効率の高い加工法とも言えます。15年目にしてレモングラスの蒸留を行いました。

精油はフレッシュ5Kに対しての収量なので大した量は取れませんでした。JHSのレモングラスはWest India Lemongrassですので、香りは濃厚で甘い香りがしています。一般に購入できるレモングラスの精油よりも濃厚でありながらレモングラスの独特なエグ味的香りはありませんでした。なかなか表現出来ないのですが、East India Lemongrassの独特な香りがごく僅かとは言え、West India Lemongrassにも含まれています。しかしその香りが殆どないと言った感じの精油を抽出する事が出来ました。

蒸留水は紛れもない極上のハーブティそのものの味がします。普通にドライハーブをお湯を注いで入れるハーブティよりもアクのないクリアーな澄んだ味がします。甘みもありまろやかな味わいです。毎年私たちに必要な量は十分に採れますので、JHSでの蒸留による蒸留水の抽出時間は2時間以内のものです。一般には精油を取った後4~5時間蒸留をし蒸留水を得ているようですが、これも精油と同じで私たちの欲しい成分は初期段階で抽出され、後半に取れる成分はやはり味的にも良いものは取れません。また時間に比例して濃度も薄くなっていきます。色々な実験を繰り返した中で、特殊なハーブを除き2時間以内と言うのが私たちにとっては最適な抽出時間と判断しています。もちろん水さえ補給して蒸留すればいくらでも蒸留は続けられますが、雑身なしの2K、2時間、2Lが多くのハーブの蒸留目安としています。これは火力、冷却、気密度その他の条件下によって当然変わってきます。

精油はさておき蒸留水は飲用した結果、消化器不調時にいいようです。特に胃には効果を感じます。胃痛、胃酸過多、消化促進等に効果を発揮しているため、最近では何かあるとLemongrassの蒸留水で対処している次第です。このほかLemongrass蒸留水の効果、効能は多くの書籍等に記されていますが、今の所、検証を行った限りでは上記の効果を認められるに留まっています。

また来年度のLemongrassで新たなる可能性を見つけられる事を期待しています。

 

2015年12月27日Permalink

ハーブをハーブにする

IMG_0872

ハーブは地におろせば自分で生きて行きます。大げさに栽培、剪定などと騒がなくても自分に必要な物を土と太陽から吸収し、環境の危険に対しても自らの芳香で生き延びて行きます。

水が少ない、暑い年はいち早く感じ取り、自らの体を小さく成長させ根を旺盛に張ります。冬の到来が早い年は秋早く実を付け、種を落とし翌年に備えます。私たちが考えるほどハーブの知能は高く、優秀です。

一方でハーブは旺盛に成長をします。まるで雑草の様に・・・・・しかし元々雑草などと言う植物は存在しません。雑草とは個人に取って役立たず、必要とされない植物を一方的に雑草と総括して呼んでいる様です。

ハーブも役に立ち、必要とされなければ雑草です。薬用ハーブの多くが眺めても地味で、触れても芳香を感じ取れない物ばかりです。

例えば写真にあるハーブをハーブにするには?

カモミールは種が落下したり、風に吹かれ飛び散り、そして翌年は勝手に自生します。落下した種子より風で飛ばされ着地した所に繁殖する方が多い様です。発芽した物を人工的に移植すると丈が伸びきれず非常に背の低い株となります。時期が来ると一斉に開花を始め、株の間引きを行わない限り辺り一面がカモミールの草原の様になります。その勝手に自生した所に、別のハーブが自生していると悪くすればカモミールに殺されてしまう状態です。

収穫は花を数個ずつ採集して行く為時間がかかり、半日がかりで生10K(乾燥で1.3K以下)がやっとと言うところです。結局は収穫が追い付かず短い収穫の旬を終えてしまいます。

乾燥は葉物のハーブに比べ難しく、中央にあるマウントの乾燥が完全に仕上がらず保存中にすべてを台無しにしてしまう危険性があります。また、乾燥させた事によりマウントに存在する薬効成分(黄色い粉)がこぼれ易くなるため注意が必要です。

活用は他のハーブと同じく多くの場面で活用する事が出来ます。

今年のJHS圃場に自生したカモミールは約2割がハーブとなり、8割が雑草となってしまいました。

この問題点は明らかに発芽した時点での間引きコントロールが甘かった点にあります。

この2割を来春迄に100パーセント維持する為にカモミールのドライハーブを活用する事を努力します。

 

 

 

 

 

2015年12月27日Permalink

石鹸の香りと楽しみ

液体石鹸HPIMG_0802

手作り石鹸はハーバリストやアロマセラピストの方ならば一度は挑戦された事があると思います。

市販の石鹸素地を使って作るアレンジ石鹸と石鹸素地から作り上げる本来の手作り石鹸の2つに別れると思います。

本来石鹸をわざわざ手作りする事の目的や価値は、高品質、安全性、無添加、植物性、好みの芳香選択、効能性にあると考えます。

市販の石鹸素地を使用してのアレンジ石鹸は、形や香りにおけるオリジナル感だけを楽しむ事は出来ますが、それだけに終わってしまいす。石鹸自体は出来上がってしまっている訳ですから、本来の手作り石鹸とはほど遠い物でしょう。むしろ質感や使い勝手は市販されている石鹸の方がずっと優れているはずです。

石鹸素地から自分で作る利点は、泡立ちや堅さなど石鹸のタイプを自由にコントロール出来る事、基礎となるココナッツオイルやパームオイルも上質の物を選ぶ事が出来る事、鹸化させるための水酸化ナトリウム、水酸化カリウムも純度や安全性の高い物を選択出来る事、さらに良質のオリーブオイル、アルガンオイルなどオイルも質を限りなく高品質に仕上げる為に自由に選択出来る事等があげられます。

そうして作られた石鹸を一度使うと後戻りできなくなるのも事実です。

欠点は、経済的に作る事も可能ですが、素地から作るとどうしても全ての素材にこだわり、結局高価な物となってしまう点です。経済性を求めて石鹸作りをするのであればあまりお勧めできません。少なくとも手間をかけるだけ大変だと言う事です。

自分で素地を作ってしまえば、理想的な石鹸の8割は仕上がったと言えます。

後は水分として何を使うか?蒸留水、ミネラル水、天然水などこれも質と目的に応じて選べます。また芳香成分は精油やその他の香料に至るまでこれも質と安全性を選択出来ますが、この2つの素材は何を選ぶかでコストを左右します。余談ですが、実際作ってみれば分かりますが、市販の石鹸に慣れている方は手作りの石鹸では芳香性が微香と感じられる事でしょう。市販の石鹸ほどの芳香を天然香料(精油)だけで仕上げようとすると多量に精油を加える事になります。コスト的にも無理がありますが、それよりも精油をそのように多量使用する事は皮膚や人体への影響からしても避けるべきです。まずは天然の芳香に自分が慣れる事です。市販の石鹸の香料の強さを不自然に感じれれる様になれればいいですね。

これ迄の石鹸作りをとおしてアドバイス出来る事は、『慣れて来たら石鹸素地は出来るだけ沢山作っておく事』です。

その素地を小分けに使って時折おり、必要、目的に応じて本当の石鹸作りを楽しんで下さい。

 

 

2015年12月27日Permalink