JHSへようこそ!

一粒の種から…。

植物を知りたい気持ちから・・・

「卓上を超えた現物に触れ理解を深める」
この理念に基づきJHSは研究活動続け、人の助けとなる植物コミュニティーを啓蒙しています。

アロマやハーブ製品が国内に於いて激しくの流通する中、JHSは「それらの原料となる植物を一目見たい」と言う単純な発想からスタートしました。

JHSでは安全を担保に、神奈川県相模原市のJHS研究圃場において、有機栽培、無農薬、減肥での大型園芸を実践し、ハーブの栽培研究を行っています。誰もが身体を害することのないピュアなハーブから、多くの感動が得られる事を願っています。

また、JHSでは土壌から栽培を見直し、海外よりオーガニック認証の種子を入手して、播種、育苗、栽培、収穫、加工まで、一貫した管理を行っています。

西洋ハーブの多くが国内(神奈川県)において、生息可能であることを実証し、その手応えを感じながら研究圃場に於いて栽培品種を増やしています。

又研究室では、研究圃場産のハーブを豊富に使用し、蒸留実験を行っています。多品目の蒸留水、毎年継続的に得るラヴェンダーの精油などから、蒸留の為の水質や蒸留物の採集時期、蒸留時間、冷却温度と収率の関係などについて実験を重ね、それらのデーターの収集に力を入れています。

JHSは薬用植物の延長線上にアロマセラピーもハーブセラピーも成り立っていると考え、国内でのハーブ栽培に寄与することで、「透明性の高い、偽りのない、植生活と植文化」を提供できることと信じています。

Japan Herb Science 代表 石 井  智 子