視覚から California Poppy

目を引く明るさが最も印象的なこのハーブ。五感における嗅覚をアロマセラピーでは主にしていますが、これは視覚に最も刺激を与えるハーブです。まるでラインマーカーのオレンジインクを放ったような色です。カレンヂュラのもこのオレンジ色が元気を与えると言われますが、やはりこのカリフォルニアポピーも同じ事が言えます。カリフォルニアポピーのオレンジ色はカレンヂュラとは違い蛍光色なので、より目を引き多くの人に語りかけるハーブです。私も圃場で毎日多くのハーブを目にし、栽培作業を行っていますが、このハーブの開花時期には忙しくても思わず足を止めて眺めさせられます。色にも大きな影響を与える力がある事を実感する時です。

【英名】California Poppy

【学名】Eschscholtzine california エスクスコルツィネ カリフォルニア

【和名】ハナビシソウ
【生体】5月には満開になり、多くの種を落とし毎年開花します。4枚の花弁に中央にある雄蕊も雌蕊もオレンジ色です。春に芽吹いた小さい苗は移植可能ですが、そうした場合は低い状態で花を持ちます。ポピー自体は移植を嫌う植物。あちこちに飛んで自由奔放に着花する性格を尊重して栽培したいものです。アメリカ由来のハーブは珍しくもあります。
【香り】特にありません。精油も存在しません。
【活用】このメディシナルハーブの第一の選択は、眠りの神様。大抵は眠りの問題を抱えるとバーベインやパッションフラワーと言ったハーブを思い浮かべますが、眠りから覚めた時の爽快感を得たい場合にはこれです。不安や、イライラ、心配事で質のいい睡眠を得られない時に最適といえます。勿論、そのような状態の時は筋緊張や、頭痛、疝痛や肩凝り、等の弛緩を兼ねて痛みも和らげてくれます。その他エディブルフラワーとして食す事も出来、ハーブサラダの彩りや、コールドドリンクのトッピング、デザートのワンポイントにも使えます。薬用として加工する場合は開花した地上部を全て使います。蒸留や、フラワーレメディー、ホメオパシーとしてカリフォルニアポピーをセラピーに役立てています。

2014年10月12日Permalink

Agrimony

JHSの研究圃場にはAgrimonyが生息しています。

毎年美しい葉と黄色い花を咲かせて目を楽しませてくれます。

周りのハーブも一斉に芽吹くのですが、一際、新鮮というか清々しい姿が目を引きます。

しかし残念にも毎年眺めている事の方が多く、他のハーブの採取や蒸留に追われて、いつの間にか丸いどこにでもくっ付く種に悩まされシーズンを終えてしまいます。

そこで今回は、ホメオパシーでも使われている事からAgrimonyに注目してみました。

Agrimony

 

【英名】AgrimonyまたはChurch Steeples

【学名】Agrimonia eupatoria  アグリモニア エウパトリア

【和名】セイヨウキンミズヒキ

【名の由来】agremone() アグリモネ=目の中の白い傷

【生体】黄色の花と下方に広がるグリーンの葉のバランスが何とも奇麗でとてもお行儀の良いハーブの一つとして紹介出来ます。しかし開花後の花は丸い粒状の種になり、人間や動物にくっついてあちらこちらに種を落とします。冬には地上から姿を消しますが自生し毎年楽しませてくれます。

【香り】何かに効くとか効用を考えるよりも先に、かすかに漂うアンズに近い甘い香りが私たちを楽しませてくれます。花の咲く頃、花と葉を採取します。乾燥加工する時はその香りがハーブ小屋に充満します。根と茎にもその香りが微妙にあり、選別し土に帰す為に貯め込んでいる袋の中からもその香りがほのかにします。残念ながらドライ加工が主流でまだこのハーブを蒸留した事がありません。今後、蒸留をした時に結果は付け加えたいと思います。

【活用】精神的にダメージを受けると消化器に不調があらわれる場合があります。その時がこのハーブの使い所です。特別な使い方は止血。この場合の使用形態は色々ですがティンクチャーで使うのが使い勝手は良いようです。但しアルコールがベースなのでよく薄めて使います。25度前後のアルコールにハーブ1アルコール2で作ったものを貯蔵しておきます。別名の通り、気持が煮詰まって浄化されたい時に手を出したくなるハーブです。そしてフラワーレメディとしての活用は『何がおきても外向きは平穏を保ったように振る舞う人』に向いています。

2014年10月12日Permalink

Dog Therapy

Dog therapy それは人間と犬との癒しの時間です・・・・

 

JHSのハウスドッグ Sweet Marjoram(Mara)と飼い主(T)の日々の検証です。

現在は4歳♀のイタリアングレーハウンドです。

MaraはJHSのアロマ犬として生活しています。

Maraの好きなハーブはChamomileとSweet Marjoramです。

ハーブ畑に行くとこの2つのハーブに興味を示し、生い茂るMarjoramを長時間鼻を突っ込んで嗅ぎ回ったり、Chamomileの群衆と体全で戯れたりします。

言葉がわかる訳ではありませんが、少なくともこの2つのハーブに好感を持っている様に見えます。

 

Maraは滅多に体調を崩す事はありませんが、少々消化器が弱いようです。

Maraは出来るだけストレスの無い生涯を送らせる為にハウス内で飼い放しの環境で生活させています。

又、生まれてこのかた怒った事がありません。

勿論、調教の一切を行っていません。

Maraは毎朝15分~20分程度のフルボディマッサージを受けています。

マッサージはTが行っています。

Maraが一番信頼しているTからマッサージを受けているので、MaraとTのスキンシップの様なものです。

子犬の頃は遊んでくれているのだと思ってはしゃいで噛み付いたり喜んで走り回っていましたが、慣れてくると落ち着いてマッサージを受ける様になり、今では要求したり、マッサージを待つ様になりました。

不思議な事に、マッサージを受けられなかった日は行動が減り、1日中寝転んで不機嫌そうに、少なくともハッピーな表情ではなく1日を過ごし、ご飯も大して欲しくなさそうにし、ご飯を        置いても直ぐにはよってきません。

しばらくしてあまり美味しくなさそうに食べます。

 

一方でマッサージを行うとその直後に排便と排尿を決まってします。

そしてそのままの勢いで一日行動的な時間を過ごし、ご飯の要求も早めの時間で強烈にします。

長い年数観察しているのですが、この差は明らかにマッサージによる影響と思われます。

 

マッサージでは特にオイルと精油は使用していません。

少なくとも精油は嗅覚の優れたMaraにとっては強すぎると判断しているからです。

どうしても必要な時はT自身の衣服にスプレーして接触する程度に止めています。

また通常はTのフェイスクリーム、ハンドクリームに微香の精油が使用されている程度です。

Maraは基本的は持病もアレルギーも特異体質も持っていません。

きわめて健全な犬です。

しかし風邪気味だったり、消化不良を起こしたり等たまには体調を崩す時があります。

そのような場合は精油に頼らずハーブを使います。

それでももう少しと判断した時はハイドロゾルを使います。

それでも改善されない時だけ前述した様な方法で、T自身が衣服やボディーに微香程度の希釈で精油を身につけスキンシップもしくは軽くマッサージを施します。

たいていの場合改善されます。

マッサージは脊髄に沿って神経根への刺激やリンパ節への刺激を行い、筋肉のストレッチと弛緩を行います。

又手足のマッサージも慣れると快感のようです。

腹部のマッサージも優しく行います。

顔は小さいのですが、一応ヘッドマッサージとフェイスマッサージも行います。

習慣付くとマッサージの順番も覚えて自らその部位をスタンバイします。

 

愛犬、パートナーとのマッサージの時間はマッサージをするTにとってもヒーリングの一時となっています。

たまたまTは犬好きなためパートナーが犬ですが、他のパートナー猫やウサギ、豚でも同じ事が言えるかもしれません。

但し敏感な例えば猫等個体の持性をよく見極める事が肝心です。

 

人間と同じ、やはり生き物はタッチングによって心が癒される事は確かなようです。

 

Mother wort に興味を持つSweet Marjoram

何かを感じているのでしょうか?

芽吹いたMother wortが気になるようです。

 

Japan Herb Science 石井智子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年9月13日Permalink