ハーブ栽培で豊かなハーブ生活

IMG_1004

安心してその時々の旬の野菜を豊富に頂くには、自家栽培するしかありません。それと同じでハーブもやはり安全で豊富に得るには自ら栽培するのが一番です。特にハーブのフレッシュはなかなか手に入れる事が出来ませんし、ドライに至っては何処で何時加工されたのか解りにくく、高価で豊富に使いこなすには至りません。私は野菜もハーブも栽培していますが、野菜栽培に比べてどれだけハーブ栽培が楽であるか、いつもハーブに感謝しています。


IMG_1079

実際の栽培は3月には播種を始めます。

4月には育った苗を定植をします。栽培が1年目だと無理ですが2年目以降であれば4月から宿根や多年草の品種に関して収穫するが出来ます。

5月、6月はハブの収穫の最盛期を迎えます。

7月8月は収穫の終わったハーブを手入れし、年2〜3回収穫可能な品種は常時収穫をします。

9月は秋のシーズンに備えて必要であれば堆肥を入れ、剪定も行います。また、秋蒔きのハーブは末頃には播種を行います。この時期に挿し木の準備を始めます。

10月は年内最後の収穫期を迎えます。冬越えの準備もかね収穫と剪定を行い、挿し木も秋雨に合わせて行います。

11月にはお礼の意味を込めて堆肥を入れます。霜に弱い品種に関して冬越えの準備をして、その年のハーブ栽培を終えます。

基本12月1月は圃場での作業はお休みです。収穫しドライ加工したハーブの保管や整理をします。

2月はその年に蒔く種の準備や、堆肥の手配、挿し木したポットの管理等をして春を待ちます。

これが1年のサイクルです。

JHSでは圃場で栽培したハーブをフレッシュのままや、ドライし、ハーブティー、ティンクチャー、ホメオパシーのレメディ、保存食、料理で使用するハーブの調味料などフル活用しています。また、蒸留で得た蒸留水はコスメや石鹸、勿論薬用レメディに活用しています。

毎年圃場から収穫する度に、『自然の恵みを豊かすぎほど得ている事』に感謝しています。

 

 

 

2015年12月27日Permalink

免疫を高めるEchnaceaについて

最近の健康ブームで色々なサプリメントが横行していますが、その中の原料にエキナセアの文字を目にします。実際に栽培している側からみると、あれほど採取が大変なエキナセアの根が含まれているのにこの安価はいったい何?という疑問を持つのもしばしばです。バードックやリコリスも栽培していますが、これらに並べてみてもこのエキナセアは最強の根物と言っていいでしょう。本来ならば重機を投入して収穫しない限り途方も無く大変な作業が強いられます。しかしこのハーブの薬効を考えると健康維持には最適です。体調が崩れているとき、疾病のかかり始め、病後の滋養などポイントを押さえて活用する事をお勧めします。毎日、サプリメントとしての摂取は私はお勧めしていません。それはかなり強力と感じているからです。簡単に言えば自分の体調によって体が欲している時に使うとこのエキナセアのパワーを感じる事が出来ます。植物的には種類があり、使用部位も色々なご意見があるようですのでここに整理しておきたいと思います。

 purpurea

【英名】Echnacea

【学名】Echinacea angustifolia エキナケア アングスティフォリア

【別名】Echinacea purpurea エキナケア プルプレア

Echinacea pallida エキナセアパリダ

【和名】ムラサキバレンギク

【名の由来】Echnaceaはギリシャ語のechinosエキノースつまりハリネズミに由来しています。エキナセアは開花後多くの種を持った流線型を横にスライスした様な実を残します。それがハリネズミに似ている為です。angustifoliaとはラテン語で細葉の意味を持っています。和名のバレンは馬簾と呼ばれるまといの飾りにエキナセアの花が似ている事からついたようです。

【生体】3種類のエキナセアは似てはいますが夫々に違いがあります。Echinacea angustifolia はその頃の資料や絵を見る限り、アメリカインディアンが感染症及び悪性腫瘍の治療に使っていた事で有名なエキナセアです。学名が示す通り花弁は細く花弁同士の間に隙間が目立ち、色も少々ピンク色が脱色された様な色で、葉も細くあまり奇麗ではありません 。Echinacea purpureaは花の色も本当に紫に近い奇麗なピンク色をしています。葉も angustifoliaに比べると丸みを帯びてつややかで柔らかい感じの葉を持ち、切り花に適する様な姿を見せます。どちらかと言うと園芸種として使えます。 Echinacea pallidaはEchinacea angustifoliaの様な野性的な様相を見せます。しかし色はEchinacea purpureaに近いです.

【香り】残念ながらこれと言った特徴的な香りは持っていません。

【活用】Echinacea angustifoliaは伝承的には根を使用します。近年免疫刺激特性があると言われた事から地上部全草の乾燥ハーブがティーとして売られているようです。ネーティブが使用した部位はangustifoliaの根だけです。angustifoliaの根は直根で2m近くに伸び、抜根して採取するのに苦労させられます。1年〜2年目の花の咲いた頃秋掘リします。乾燥には手間がかかり半年近くかけて完全に加工しなくてはなりません。カビで台無しにする事も少なくありません。仕様に際しては薬効が強いのでプロの処方に基づいて摂取した方が懸命です。白血病や結核で体力を失っている患者に滋養をつけようとしてエキナセアを与える等決してしてはいけません。進行性疾患にも使ってはいけません。健常者が、いわゆる風邪やインフルエンザ、気管支炎等で症状がつらい時に使用するには良い選択でしょう。ハーブを服用する時の原則ですがこのような薬効の強いハーブについては特に長期での仕様は避けるべきです。参考迄に英国ハーブ薬局方ではangustifolia種の根を収載しています。ドイツのコミッションEモノグラフではpurpureaの開花期の地上部と pallidaの根を収載しています。

2014年10月12日Permalink

食して体を癒す

セラピーの中でよく触れる事は食生活習慣について。たいていのクライアントが食生活にも問題がある事に気づきます。しかし実際には世の中の食生活環境が破壊されてきている現在、何を言っても焼け石に水と言った状況です。安全な食材は入手困難、そして周りには溢れるばかりの加工食品、一方で人々は便利で安くて常に安定供給される食物に群がると言った傾向です。これでは健康などほど遠く、日々の食生活で目に見えないまま体を破壊して行っているような感じさえします。体に良い食事を習慣とするには今では意識的、そしてある程度のこだわりを持つ必要があります。昔は社会が危険な食物を提供していなかったので、特に意識もこだわる必要も無かった様ですが?次に健康な食生活には面倒臭がり屋の人は縁がないと言う事です。「意識、こだわり、面倒臭がらない」この事を踏まえた上で、栄養バランスや摂取カロリー、食事時間等を整える事で、食して体を癒す事が可能になります。さてハーブの中には野菜的食材になる物が多く含まれます。また ペッパー類を含めるとむしろ食材になる物の方が多いと思われます。ここではその一つ日本人にもなじみの深い香りを持つチャイブス。これを食して体を癒す方法を提案します。

 

【英名】Chive

【学名】Allium schoenoprasum アリウム スコエノプラスム

【和名】西洋アサツキ 蝦夷ネギ
【生体】5月に入ると一斉にピンクのネギ坊主をつけるチャイブは日本のアサツキに似ています。年々群生して増えて行きますが、2年に一回秋に掘り起こして5〜6本ずつまとめて植え替えて上げると良いです。1本ずつでは育ちません。群生するのを好みます。
チャイブは『本来チャイブスと言うのが正しい』と言う意味が理解出来ます。
ネギと同じで本来美味しいチャイブスを得るには花は咲かせず、花芽を小さいうちに取り除いて収穫するのが最も上質なチャイブスを得られる方法です。本来これはハーブと言うよりも野菜的な植物です。
【香り】ガーリックと同じで精油としては使いません。ネギの香りがしますが、フレッシュチャイブスの香りはネギに少々ニンニクの香りを加えた様な香りです。しかしオイルにつけるとガーリックの香りの方が引き立ちます。

【活用】花はエディブルフラワーとして食べられます。葉の部分は薬味として使えますが、オイルにつけてチャイブスオイルを作ると、仕様範囲が広がります。中華風に言うと香油です.しかしこの場合中華の香油の様に熱を加えて加工はしません。チャイブスオイルはフランスパンに塗ってトーストして食べると、まるでガーリックトーストの様でなかなか美味しいです。バターとの相性も、お醤油との相性もいいです。薬用的には消化促進と緩下作用がありますが、多くのチャイブスを茹で、からしみそで頂くと体が温まり冬の風邪予防にもいい感じです。昔から伝えられているネギの効用と同じです。沢山取れた時は冷凍で保存出来ます。乾燥してドライベジタブルにするのもいいです。ドライチャイブスをハーブソルトに加えると緩やかなニンニクを加えた様な香りになります。

2014年10月12日Permalink