2020-04-09 Field Workshop

そろそろイチゴも終わりの季節?
数日前の早朝、相模原中央区の農園にイチゴの採集に出かけました。
ハウスの中は、桃薫(イチゴだけと食べると桃の味??)と紅ほっぺの香りに満たされ、朝から贅沢なひと時を。
以前より6Kのイチゴをお願いしており、やっとそのタイミングが合い、実行できました。
JHSのハーブとフルーツのブレンド研究開始です。

そして乾燥実験をテストし出来上がったのがこれ!!

6Kのイチゴがわずか650gに

毎回の事なのですが、植物は9割が水分でできているというお話?に今回ももれなく納得がいく瞬間でした。
でもK¥3000のイチゴ、果たしてどんなお味なのでしょう?
紅ほっぺは、甘みが強く、酸味もあり、そのバランスが絶妙でフルーツ感満載の品種です。
これは大きな一粒をスライしたのではなく縦に2等分にカットしただけ。
でも仕上がりは2〜3mmに。
まるで薄焼きせんべいのようにパリパリで、イチゴせんべいのようでした。
さて、ここからがJHS’s Herbとのコラボ研究です♡
パリパリ楽しんでいる場合ではありませんね。

さて圃場は?
大分、地面がグリーになってきました。
柔らかいタンパク源がグランドカバーを始めています。
そしてGerman Chamomile、Blue cornflower、Nettle が伸び始め、Echinacea、Mint、Roman Chamomile、Elder、Red Clover などが芽吹きはじめました♡
そしてLavenderが動きはじめたのを昨日確認しています。
昨年のこの時期にLavenderを見て「今年はダメかも?」と直感したことを思い出しました。
今年は良さそうです、行きそうです!
子供たちを信じて見守りたいと思います。

さて4月9日は?
圃場で動き出したHerbをフォーカスしながら、シーズン初期の手入れをご紹介していきます。
手入れをしながら、個々のハーブについて
・この先の管理方法と注意点
・増やし方
・タネ取りのタイミングとその方法
・加工形態と活用法
などについて直の許す限りレクチャーいたします。
また、Herbのベット外枠に極端な繁殖をしているものがあれば除去して整備していきます。
その際、苗として移植できそうなものは、ポット上げします。
育てたい方はお持ち帰りも可能です。

Time:9:00-12:00
Place:JHS 研究圃場(お間違えのないように♡)
Expense:¥10,000
Baggage:圃場セット(HP:WS→H.WS→Field WSでの持ち物参照)
     6cmポット、ポットトレー、などお持ち帰り準備は各自で
     ご用意ください。
     当分の間、昼食はランチボックスを各自ご持参ください

Clothes:ガーデニング程度の服装で、多少汚れても大丈夫なように。
     

アフターについて
前回、お話ししていた100%純度のLiquorice加工形態を知るべく、専門家のところへ出かけます。
冷凍形態のお品もありますので、保冷バックをお持ちください。
小さな発泡スチロールの箱があればベストです。
ご紹介するのは園芸品種のリコリス(ヒガンバナ属)ではありません。
マメ科のLiquoriceです。念のため🌿
その辺りも前回の復習兼ねてレクチャーの時にお話しできればと思います。

お知らせ
●しばらくの間、各自のお車でいらして下さい。(同乗を厳禁とします。)
●自己完結して頂きたい事
・コップ、袋、ティッシュ、ウエットティッシュ
・休憩時の飲料と食料、および昼食
・飲食などで出したゴミ
・道具、筆記用具、テーブ、資材等の持ち物
 上記の譲り合いおよび、貸し借りは厳禁とします。

また密集、密閉、密接は圃場においてはあり得ません。
ワークショップもアフターも全て皆様それぞれのMy paceに委ねます!

ただ今春の交通安全週間ですので、お車の移動では、くれぐれも事故のないように、余裕を持って運転し、交通違反で切符を切られないうように、ご注意されて下さいね!🌿
木曜日、多くのことが学べますように♡

2020年4月7日Permalink

2020-03-27 Field Workshop

Lagurus ovatus ラグルス オヴァトゥス 
Lagurusはうさぎのこと、ovatusは楕円、卵型を意味しています。
うさぎの尻尾 、Rabbit tailとも呼ばれ、結局ラグラスと呼ばれるのが一般的なこのグラス。
クラフトにもブーケにも可愛いこのグラス。
(採取時期が良ければドライでも長持ちさせる加工が可能です。)

オーガニック指定でタネを入手し、昨年の10月に播種して苗に仕立て、冬季はJHSのGardenに設置したビニールハウスの中で過ごさせ、1月に温床へ移動させて1ヶ月、そして先週やっとJHS研究圃場に先発で3株定植しました。
さて、シカが興味を示すかどうか?
無事に無視されれば、残りの30株すべて圃場へ移動させます。
あとは、開花後に収穫しなかった株よりタネが飛んで来年は自生へと繋がって行ってくれる事を願うだけです。

一つの植物だけでもこの工程を経て何年か後には自生種となって行きます。
楽しみでもあり、苦労でもあり、そんなシーズンがスタートしました。
今シーズンもよろしくお願いします。

今回のWSは、播種です。
もう温度も来ていますので、大抵の播種は可能な時期になりました。
前回は、圃場の芽吹いた直後の自生苗をポットにピックアップしてもらいましたが、やはり播種を毎年学び経験を繰り返すことはハーバリズムにおいて大変重要です。
苗の購入は避け、苗は播種により自給自足。
まずはそこをクリアーして行きましょう!

時間:9:00-11:00
集合:JHS研究圃場
参加費用:¥10,000
持ち物:圃場セット(HP:WS→H.WS→Field WSでの持ち物参照)でほぼ大丈夫です。
蒔きたいタネが有ればご持参ください。
出来上がったポットをお持ち帰り出来る様に各自でご用意ください。     

アフターについて
以前お話し出ていた視察に大月まで行きます。
先方様とも確認済みです。
この分だとお天気にも恵まれそうですね。
アフター参加者は必ず火曜日までにご連絡ください。
なお研究室でお車をお預かりする場合は8:40までに研究室に集合いただくことになります。
視察調整が難しく、遠方であるため頻繁には行けませんので、今回のセミナーを現在欠席にされていらっしゃる方も、再度セミナーご出席をご検討頂き、ご一緒したいと願っています。

今回も皆様と楽しいひと時を共にできますことを心待ちに致しております。
よろしくお願い申し上げます。

恐縮ですが、皆様もご承知の通りコロナの問題がございますので、
風邪気味、治りかけを含め体調の悪い方のご参加はご遠慮ください。
この1週間健全であった方に限ります。
お互いに自己責任として常識ある判断を願ってます。
車も同乗するため、深いご理解、ご判断をよろしくお願い申し上げます。



2020年3月23日Permalink

2020-03-20 Field Workshop

皆様お元気ですか?
感染症に限らずビタミンCは健康維持に欠かせないものです。
先日オーガニックのイチゴを手に入れてきました。
ただいま乾燥中です。
ハーブティーを飾るモチーフに検討しています。
仕上がりが楽しみです。
最近はハーブティーのデザイン研究を行なっています。
デザインがたまりましたら、ワークショップでもご紹介していきたいと思います。
それには素材集めとその出会いが大切です。
圃場に咲く花が待ち遠しいです。
皆さんのガーデンの様子はいかがでしょうか?

さて今回はお天気も良く暖かくなりそうですので、圃場でゆっくりと過ごしてみたいと思います。
今は播種、ポット上げ、土の手入れ、発芽観察、定植ザインなどやらなくてはならない多くのことが控えている時期です。
寒暖差もあり、寒い時は控えがちな圃場での研究。
でも明日は思い切って体を動かして体内を目覚めさせていきましょう!

●持ち物
・苗ポットお持ち帰り用の袋
・飲用コップ(紙コップは禁止、コップ中が白い方がいいです)
・ホットウォーター500cc(できるだけ熱いもの)
 各自の飲用のお湯に使います。ポットに入れてお持ちください。
・筆記用具、紙テープ、マジック、はさみ、ピンセットなど
・ビニール手袋、グローブ、マスク、剪定ばさみ、タオル
・服装:アウトドアー用の服装
 時間差で寒くも暑くもなります、それに対応できるご準備をお願いします
 足元はスニカーまたは長靴
・花粉症の方はその大佐L鵜を万全にして下さい。

アフターのご案内
ルッコラのいる大月へ行く予定でしたが、先方のご都合により来週の企画となりました。
今回は昼食の後、ゆっくりとスパで体を癒したいと思います。

●集合場所 JHS研究室圃場

●時間 9:00〜11:00

●参加費用 ¥10000

恐縮ですが、皆様もご承知の通りコロナの問題がありますので、
風邪気味、治りかけを含め体調の悪い方のご参加はご遠慮ください。この1週間健全であった方に限ります。
お互いに自己責任として常識ある判断を願ってます。
車も同乗するためご深いご理解、ご判断をよろしくお願い申し上げます。



2020年3月18日Permalink