石鹸の香りと楽しみ

液体石鹸HPIMG_0802

手作り石鹸はハーバリストやアロマセラピストの方ならば一度は挑戦された事があると思います。

市販の石鹸素地を使って作るアレンジ石鹸と石鹸素地から作り上げる本来の手作り石鹸の2つに別れると思います。

本来石鹸をわざわざ手作りする事の目的や価値は、高品質、安全性、無添加、植物性、好みの芳香選択、効能性にあると考えます。

市販の石鹸素地を使用してのアレンジ石鹸は、形や香りにおけるオリジナル感だけを楽しむ事は出来ますが、それだけに終わってしまいす。石鹸自体は出来上がってしまっている訳ですから、本来の手作り石鹸とはほど遠い物でしょう。むしろ質感や使い勝手は市販されている石鹸の方がずっと優れているはずです。

石鹸素地から自分で作る利点は、泡立ちや堅さなど石鹸のタイプを自由にコントロール出来る事、基礎となるココナッツオイルやパームオイルも上質の物を選ぶ事が出来る事、鹸化させるための水酸化ナトリウム、水酸化カリウムも純度や安全性の高い物を選択出来る事、さらに良質のオリーブオイル、アルガンオイルなどオイルも質を限りなく高品質に仕上げる為に自由に選択出来る事等があげられます。

そうして作られた石鹸を一度使うと後戻りできなくなるのも事実です。

欠点は、経済的に作る事も可能ですが、素地から作るとどうしても全ての素材にこだわり、結局高価な物となってしまう点です。経済性を求めて石鹸作りをするのであればあまりお勧めできません。少なくとも手間をかけるだけ大変だと言う事です。

自分で素地を作ってしまえば、理想的な石鹸の8割は仕上がったと言えます。

後は水分として何を使うか?蒸留水、ミネラル水、天然水などこれも質と目的に応じて選べます。また芳香成分は精油やその他の香料に至るまでこれも質と安全性を選択出来ますが、この2つの素材は何を選ぶかでコストを左右します。余談ですが、実際作ってみれば分かりますが、市販の石鹸に慣れている方は手作りの石鹸では芳香性が微香と感じられる事でしょう。市販の石鹸ほどの芳香を天然香料(精油)だけで仕上げようとすると多量に精油を加える事になります。コスト的にも無理がありますが、それよりも精油をそのように多量使用する事は皮膚や人体への影響からしても避けるべきです。まずは天然の芳香に自分が慣れる事です。市販の石鹸の香料の強さを不自然に感じれれる様になれればいいですね。

これ迄の石鹸作りをとおしてアドバイス出来る事は、『慣れて来たら石鹸素地は出来るだけ沢山作っておく事』です。

その素地を小分けに使って時折おり、必要、目的に応じて本当の石鹸作りを楽しんで下さい。

 

 

2015年12月27日Permalink

Hydrosols

2012Lavndin”Grosso”

ハイドロゾルは精油を抽出した時のもれなくついてくるおまけのように思われがちですが、非常に興味深い産物です。
ハーブティーでもなく精油でもなく・・・・
ハイドロゾルは使用してみるとこれほど使い勝手のいい物はありません。
ただし、本当にピュアな物は自分で蒸留しないと得られないと言っても過言ではありません。
JHSでは圃場で収穫できる芳香成分を持つハーブは殆ど蒸留にかけています。
その中でも好感性の高いラヴェンダーのハイドロゾルに今年は熱を上げて検証しています。

蒸留実験の公開講座

ラヴェンダーのハイドロゾルはpHは5.5前後で肌には親和性がありますが、現在の検証は7/1000、1000/dayでの飲用を試みています。
消化器系特に胃に対しての+要素を認められます。
3ヶ月を期間として効果を確かめて行くつもりです。

犬に対してもこの検証は行っています。
今の所特に変化は見受けられません。
胃酸に対する検証です。

これからまだまだ多くの芳香植物の収穫時期が続きます。
ハイドロゾルは保存性もよい為とにかく落とせる物は全て落として順に検証をして行きたいと思います。

Japan Herb Science 石井智子

2012年7月3日Permalink

芳香療法での食とハーブ

アロマセラピーでは精油を使ったオイルマッサージが主役となっていますが、芳香療法はもっともっと奥深い物です。
マッサージを行う前後ではコンサルテーションを行い体質や食、嗜好、睡眠、環境・・等クライアントの生活に深く入りコンサルします。
その中で日々の積み重ねである食は大きな鍵を握っていると考えます。
嗜好や環境は容易に変えられませんし、体質も持って生まれたものですからそう簡単には改善できません。
その中でコントロールしやすいキーは食です。

食について考えるとき、栄養学等の専門的知識が無くてはと不安を持つ方もいらっしゃいます。
しかしご自身の健康を保つ範囲であれば、テレビやインターネットの情報を共有している程度で充分。
勿論、基本的な事、お肉やお魚はタンパク質、ご飯や麺類は炭水化物、お野菜はビタミンとミネラルが豊富等は正しく理解しておきましょう!

さて、日々の食生活で多くの人が気にしているのは、カロリー摂取、そして大半が不足ではなくオーバーです。
旨味のある食材は高カロリー、高タンパクです。
ある程度の節制は無論必要ですが、あまり理想に走りすぎるとその行為自体がストレスの引き金となるのも事実です。
「食べてはいけない」では無く「こうして食べる」に考え方を変えると「まぁまぁ、身体に健康的」と言える食生活を楽に維持できるようになります。

例えば、お肉は角煮のように油を抜いて頂く、お魚はバターでソテーにするのではなく蒸して食べる等先ずは調理法でコントロール出来ます。
又、お肉は多くのお野菜と一緒に頂く、お魚は海藻や乾物を付け合わせにして頂く等、他の食材との組み合わせでコントロール出来ます。

しかし何かお洒落に美味しくて新鮮みのある、それでもって食生活を向上させ健康維持も行える食方法があります。
高齢者の方々には多少受け入れにくいかもしれませんが、それはスパイスとハーブを豊富に日々の食生活に取り入れる事です。

スパイスには、消化促進、脂肪分解、血行促進、発汗作用等があり勿論ハーブにも同じ作用があります。
スパイスは辛みや刺激、強烈な香りがあり苦手と言う方はハーブを多く活用される事をお勧め致します。

何気ないサンドイッチを作るにしても、チーズや、ハム、サラミ等オイリーで、高タンパクな素材ばかり・・・
そんな時は、キュウリや、レモンバーム、ミント、チャイブス等をたっぷりとはさみ、ブラックペパーをかけて食してみて下さい。
芳醇な香、爽やかなテースト、普段のサンドイッチとは一味違った新鮮な味をお楽しみ頂けます。
Japan Herb Science  石井智子

2012年4月28日Permalink